• オンラインショップ

商品ラインナップ

放射性物質検査

放射性物質検査体制

平成24年4月1日より、食品衛生法第11条第1項に基づく食品の放射性物質に関する新たな基準値が定められました。また、厚生労働省から食品中の放射性物質に係る新基準に対応するスクリーニング法として、平成24年3月1日付で事務連絡「食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改定について」が各都道府県宛に発出されました。
弊社では、このスクリーニング法に対応し、公益社団法人日本アイソトープ協会でも対応可能機器として紹介されている、「食品放射能測定システム(日立製作所株式会社製)」を用いて検査を行っております。

放射性物質検査方法

1

製品を測定容器に詰めます

測定用の容器(マリネリ容器)に均一に詰めます。

2

NaI(Tl)シンチレーション検出器による測定

検出器にセットして測定を開始します。

3

結果を解析します

測定データから、放射性物質(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)の量を測定します。

  • オンラインショップ
  • CMギャラリー